湯たんぽを愛用しているという方も多いと思いますが、最近では、電子レンジでチンするタイプや充電やるタイプなどもあります。おしゃれなものもザクザク登場してきて掛かる湯たんぽは、防寒グッズの中で再注目されているアイテムだ。

一番スタンダードな熱いお湯を注ぐだけの湯たんぽは、必要なものはお湯だけという手軽さから昔から愛されていらっしゃる。程よく温かく、大切に使えば長持ちし、繰り返し使えてエコだ。

お湯を注ぐタイプで最もポピュラーなのはポリ製(ポリエチレン)湯たんぽで、さほど安価で軽々しく、扱いもラクなのですが、熱伝導率と保温性が小さいのが難点だ。逆にやけどをしにくいというメリットがあります。

病院でも使われているゴム製の湯たんぽは、使った後に収納しやすく、ポリ製において熱伝導率が悪いためやけどをしにくいのがメリットだ。

金属製のものでは、トタン素材の物やステンレス製のものがあります。
昔ながらのトタンなどの金属製湯たんぽは、何と言ってもあったかく、丈夫なのが特徴です。ただ、火傷しやすいので取り扱いには十分注意が必要です。
ステンレス製の湯たんぽは、その耐久性と保温性の高さが魅力で、いくぶん値段は高いのですが長く使うことができ、またさわやか温度を長くキープしてくれます。

江戸時代から使われている陶器製の湯たんぽは、保温性が激しく、じんわりと温まるので冷え性の方にもぴったりです。ただ、陶磁器なので重く、砕ける心配があるのがデメリットといえるでしょう。

シリコン湯たんぽは、今までご紹介したお湯を漱ぐタイプのものとは違って、電子レンジであたためるタイプの湯たんぽだ。お湯をこぼしたり沸かしたりの手間がかからず、温度の低下時間が緩やかで、保温時間が長いのが特徴です。
シリコン製なので柔らかく手触りが気持するどく、首や腰の下に入れても、気持ち良い使い勝手だ。

お湯を沸かしたり、注いだり、といった作業が面倒な人には蓄熱式湯たんぽがおすすめです。本物の湯たんぽよりクールので、ちっちゃな子供やペットのいる家庭でも安心して使えます。コードレスなのでどこにでも持ち運べて、繰り返し払えるエコ湯たんぽだ。

そして、既に定番となったレンジでゆたぽんは、電子レンジでチンするだけで心地よい温かさになるジェルタイプの湯たんぽだ。通常のがたいの2倍のLサイズや首・肩用もあります。足が寒い、という人には、スリッパ型のゆたぽんもあります。https://www.willemvandegraaf.nl/