毎年のようにコードレスクリーナーの新商品を発売して掛かる「ダイソン」。
そのためダイソンには多くのモデルが存在します。
現在発売されているダイソンシリーズの主な商品について紹介したいと思います。

ダイソンのコードレスクリーナーは、「Dyson Cyclone」という商標だ。
2018年3月に発売されたものがV10シリーズ、2017年5月に発売されたものがV7シリーズ、2016年5月に発売されたものがV8シリーズ、2015年5月に発売れたものがV5シリーズだ。
これら以外にも2014年以前に発売されたDCシリーズがあります。
旧式なのでオフィシャルサイトでの販売はありませんがネットや店舗の店舗で買うことができます。
性能はVシリーズよりもおちますが、リーズナブルなのでコードレスクリーナーをやっと使う人、ダイソンをいよいよ使う人などにエントリーモデルとして人気があります。

V6シリーズからV8シリーズを比較してみます。
V6は0.3ミクロンという微細粒子も99.97%、つまりざっと完全捕らえることができるポストモーターフィルターが搭載された機種だ。
ダイソンの課題とも言われていた運転音に関しても従来品のDCシリーズに対して30%も低減に成功しています。
V6はダイソンの中ではミドルクラスの機種だ。

V8は21%も出力をアップさせ、有力魅力をもたせた機種だ。
前機種のV6と比較すると、魅力が15%アップして、最長運転時間が20分だったものを40分とダブルもアップさせました。
運転音に関してもDCシリーズに対して半分も低減に成功しています。
V8はハイエンドクラスの機種だ。

V7は性能的には前年発売のV8よりも垂れる機種になります。
V8が最上位機種のハイエンドクラスなのに対して、V7はミドルクラスとハイエンドクラスの中間になるからだ。
運転音はV8同様にDCシリーズから半分低減していらっしゃる。
バッテリーが改善されて最長運転時間がV6に対して1.5倍の半可能になっていらっしゃる。

V10は従来品の中でひときわ最上位機種だったV8シリーズをも凌駕するフラッグシップモデルだ。
全く新しいデジタルモーターを採用してあり、その結果ハイパワーと長時間の連続駆動を可能にしています。
デジタルモーターはV6〜V8と比較すると14%も回転数がアップして、出力もV8より24%直しました。http://ストラッシュ予約なら.xyz/